全て

テレアポ成功例

XincX広報担当の阿久津です^^

前回、テレアポの失敗例をご紹介いたしました。

 

★集中力の低下

★説明が長い

★元気な声が出ていない

★アポイント件数が少ない

★強制感がある

★対応し過ぎ

★怪しい

★プレッシャーを与えている

★会う事がゴールになりがちで、無理やりアポにしてしまう

 

など色々失敗例がありますが・・・

 

 

あくまで、契約してゴールなので、お客様に安心感を

与える事が大切ですね(∩`ω´)⊃)) しゅっしゅっ
一方で、できる営業マンのテレアポはどんなものなのでしょうか?

★短い時間で簡潔に用件を伝える
いきなり電話しますし、ダラダラと話すことで、お客さんは長いと感じ
「電話を切りたい」という気持ちになってしまいます。
こちらの要件は簡潔に!でも伝えるべきことは明確に!

★自信!元気!ゆっくりトーク
暗い声でもごもご話しているとお客様に気持ちも伝えたい事も伝わりません。
電話でこちらの顔が見えないのでなおさらです。
怪しくない事を伝えるために、ハキハキした声で元気に話す事が重要です。

 

 

★お客様にもしゃべらせる
こちらが一方的に話しをしてもお客様からは嫌われてしまいます。
しっかりと質問系で話を投げかけたり、共感してあげたりなど、

会話のキャッチボールをするとより効果的です。

 
★アポイントを取ることが最大の目的
お客様の話しを聞き過ぎ、こちらが云いたいことを説明し過ぎると

「ハイ、そうですか」となってしまいがちです。
電話で受注しない案件の場合は別ですが、

テレアポの目的は、あくまでお客様の所へ

訪問し受注するまでの手段なのです✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。

 

 

 
★強制感を与えない
お客様にアポイントの段階で購入プレッシャーを与えてしまうと
警戒されてしまい、アポイントを取る事が難しくなります。

訪問したからと言って、契約しなければいけないというわけではない事をしっかり伝えた方がアポイントを取れる確立が上がります。

 
★ヒアリングをしっかりする
アポイントを取る事はすごく重要ですが、訪問しても意味がないアポイントもあります。

こちらが売り込みたい物とお客様のニーズや環境を会わなければ、アポイント自体がお互い無駄な時間になってしまいます。

アポイントを取る前に聞かなければいけない情報をいうのを会話の中に入れ込んで自然に聞き出すトークを作る事が効率的ですd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

 

 

 

これらの様にやはり、担当者にアポイントをこぎつけるまでには
工夫が必要なのです。

 

『明るく』『ゆっくり』『丁寧に』『感じ良く』

を常に気をつけながら、アポイントの生産性は確実に上がります。

 

最強の営業マン・アポインターになる為に日々努力していきましょう(/≧■≦)/グワァァ炎炎炎炎炎炎炎炎炎

 

 

Author Info