BPMコンサルティング

BPM(ビジネスプロセス・マネジメント)は、業務プロセスのPDCAサイクルを回して業務の成果を上げるためのアプローチです。

従来の業務フローを見える化し、処理の流れとともに業務プロセスのP(Plan)・D(Do)・C(Check)・A(Action)という事業活動の「計画」「実施」「監視」「改善」サイクルによって見直し・効率化・改善を推進します。

Process

pdca計画では、ビジネス・プロセスを文章化、モデル化し、シミュレーションなどの分析を行って、現状のビジネス・プロセスを改善しよりよいものに変えていきます。次の実行段階で実際に動かす前に改善できるところは改善しようという考え方です。

実施では、改善したビジネス・プロセスを実際に業務に適応します。必ずしもIT上のシステムに落とす必要はなく、ITとは関係なく人間の取り決めで実行しても問題ありません。実際にはITと人間による運用の併用でビジネス・プロセスを実施することがほとんどでしょう。
監視では、実行されたビジネス・プロセスから入手できる各種の情報を元に個々のビジネス・プロセスの効率を測定したり、統計情報の収集を行ったりします。

この活動により現在のビジネス・プロセスの問題点を発見し、更なる改善の手がかりにします。また、いち早く異常に気づいて、それに対して素早い対処をするという、より積極的な改善活動を行うことも可能になります。ここでの監視結果をフィードバックし、次の設計を行うことにより、BPMの改善サイクルが回り始めます。それにはITを有効活用する仕組みが必要になります。

BPM1

まず、業務プロセスの可視化により、業務プロセスの課題を見つける事ができ、改善策を検討することが可能になります。

 

ビジネスプロセスを変更しやすくでき、またプロセスの追加も容易になるため、ビジネス環境の変化や新規立ち上げが効率的になります。
そして各業務間ごとに連携プログラムを開発するよりも、BPMツールを利用した方が、開発コストを抑えることができます。プロセス改善活動を通じて「企業に潜む問題やリスクを顕在化させる事」が第一目的と言えます。

こんな課題やニーズにお応えいたします。

  • システム導入を念頭に置いているが、ベンダーに任せっきりにはしたくない。
  • 過去に高いお金を払ってコンサルタントを雇ったが、効果が実感できなかった。
  • 低予算、短納期で成果を出す必要がある。
  • ヒアリングセッションやワークショップのファシリテーションに不安がある。
  • 成果は「数字」で示したい。
  • システム投資対効果を業務プロセス視点で説明できるようにしたい。